猫の健康管理 | あおぞら動物病院 | 葛飾区 水元 金町
猫の健康管理

猫の寿命は平均14~18歳。家族の一員として元気に長生きさせるために、飼い主の愛情ある育て方、接し方が重要です。

猫の基礎データ

平均寿命 : 14~18歳
食 餌  : 肉食動物で、犬と比べてより多くのタンパク質を必要とします。したがってドッグフードを猫用として代用するのは良くありません。また猫には、特有の必要な栄養素があるため、魚のみ、肉のみなどの食餌は病気を引き起こす原因になってしまいます。栄養バランスをととのえるには、総合栄養食の表示のあるキャットフードを与えるのが、簡単で確実な方法です。
また、猫は体内でビタミンCを合成できるので、野菜、果物は基本的には必要ありません。
成猫に必要なエネルギー量は、体重1kgあたり80Kcal程度です。
ネギ類、ニラ、ニンニクなどの野菜、チョコレート、魚や鶏の骨などの他に、アワビやイカも与えてはいけない食べ物です。

●室内飼い
猫ちゃんを飼い始めたら、完全室内飼いをおすすめします。猫ちゃんをお家の中だけで暮らさせるのは可哀そうに思えるかもしれません。しかし、猫ちゃんにとって重要なのは、走り回るのに十分なスペースの広さより、上下運動ができる≪高低差≫があるかどうかです。お家の中にキャットタワーなどを置いてあげれば、ストレスなどもないはずです。
お外に出した場合、<交通事故にあう危険><他の猫とけんかする危険><外で病気をもらってくる危険><猫の粗相で近隣トラブル>などがあり、良いことがありません。
飼主は、猫ちゃんの行動すべてに責任を負う必要があります。猫ちゃんのことを大切に育てたいと思うなら、完全室内飼いがおすすめです。

●子猫の時期の医療・予防
生後2ヶ月:ワクチン接種(1回目)
生後3ヶ月:ワクチン接種(2回目)
※初回接種の時期により、3回目の接種が必要な場合もあります。
生後5ヶ月:健康診断など
生後6ヶ月:健康診断など
※避妊・去勢は生後6ヶ月以降ぐらいが適当

●成猫になってからの医療・予防
ワクチン接種 :年1回/通年
ノミ・ダニの予防、糞便検査・尿検査、健康診断:随時/通年

●病院で行う予防
ワ ク チ ン:
当院では、3種混合(猫カリシウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫汎白血球減少症)ワクチンを取り扱っております。

ノミ・フィラリアの予防・駆除http://peterrace.jp/sick/thema2/cat02/sick_71.html
ノミが猫の体に寄生すると、かゆみからの皮膚炎、唾液に含まれる物質によるアレルギー、吸血による貧血などの病害を起こします。またいろいろな寄生虫や病原微生物を運び病害を及ぼします。飼い主さんも吸血することがあるので、徹底的な駆除が必要です。
蚊が媒介する猫のフィラリア症では、咳や呼吸困難などの呼吸器症状や、嘔吐、食欲不振が一般的にみられますが、このような症状を示さない猫も存在します。さらに症状が一過性に出現した後に、無症状で病気が進行し、突然死を引き起こす場合もあります。
猫のフィラリア症は、確実な治療法が確立されていません。そのため、猫のフィラリア症は定期的な予防が大切になります。
首の背側に滴下するだけで、予防・駆除ができるスポット剤がお勧めです。

●避妊・去勢手術
子供を産ませないつもりなら、不妊手術をお勧めします。不妊手術をすることは、病気の予防や精神的な観点からも有効です。メスの場合は卵巣・子宮疾患の心配がなくなります。メスの腫瘍の約50%を占める乳腺腫瘍の発生率が減少します。

●健康診断
年に1・2回は健康診断を行いましょう。糞便検査や尿検査だけでもある程度の健康チェックが行えます。日頃から健康に留意して観察することも必要ですが、時々は糞や尿を取り病院で健康チェックを受けて下さい。病気が進行してからでは費用も時間もかかります。